カテゴリー:ファイナンス

  • [174]株式投資型クラウドファンディングの規制緩和が検討されています

    2015年5月に金商法の改正によって誕生した「株式投資型クラウドファンディング」が最近、規制緩和の是非について積極的に議論がされています。 株式投資型クラウドファンディング(以下「投資型CF」と言います)は、非上…
  • [160]新型コロナウィルスに伴う休業補償についてのまとめ

    売上の減少や活動自粛に伴い、事業の休業もしくは従業員の自宅待機等の措置を取らざるを得なくなるケースがあります。国としてはそうした休業に対する補償制度を用意しています。 ※本情報は2020年4月22日現在の情報です…
  • [159]新型コロナウィルスに伴う緊急融資のまとめ

    新型コロナウィルスによる活動自粛の長期化により、会社の資金繰りがひっ迫しているケースが増えています。 それを受けて様々な緊急融資制度ができていますので、ご紹介します。 ※2020年4月22日時点です※ …
  • [154]株式投資型クラウドファンディングのリスク

    株式投資型クラウドファンディングは歴史が浅く、まだIPO等で投資家が売却できた例もないので、リスクを指摘する人たちもいます。 株主が多数になることのリスク数百人の株主の中に反社会的勢力がいると、上場できなくなる場…
  • [153]会社視点での株式投資型クラウドファンディングの活用

    最近は、起業をする際の資金調達は昔よりしやすくなったと言われています。 代表的な起業時の資金調達は、日本政策金融公庫や保証協会付融資です。それぞれ、1千万円以下であれば調達可能性は低くありません。この時期に投資を…
  • [152]株式投資型クラウドファンディングの特徴とリスク

    株式投資型クラウドファンディングは非上場会社の株式を取り扱うため、上場会社の株式に比べると異なる特徴やリスクがあります。 株式投資型クラウドファンディングは、応募額が目標募集額に達しない場合に途中で中止されること…
  • [151]株式投資型クラウドファンディングとは

    最近、ベンチャー企業にとっての新しい資金調達手法が注目されています。 「株式投資型クラウドファンディング」という手法です。 株式投資型クラウドファンディングは2015年5月の金融商品取引法等の改正によって誕…
  • [120]補助金紹介(5)~地域創業的起業補助金

    本補助金は、昨年までは「創業補助金」と呼ばれていた補助金です。 【目的】 「地域創造的起業補助金」は、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的に、新たに創業する者に対して創業に要す…
  • [115]自分でできる企業評価の方法(3)~DCF法を使った評価②~

    DCF法では、「フリーキャッシュフロー」という概念を使います。 フリーキャッシュフロー = 営業利益 × (1-法人税率) +減価償却費 - 運転資本増加額 - 設備投資額 フリーキャッシュフローは、営業利…
  • [114]自分でできる企業評価の方法(3)~DCF法を使った評価①~

    DCF(Discount Cash Flow)法とは、「企業の将来キャッシュ・フローを一定の割引率を適用して割り引いた割引現在価値をもって理論株価とする」手法です。具体的に言うと、企業の毎年の予想キャッシュフローを合計…

新着情報

  1. 公益財団法人神奈川産業振興センターでは、本年度も「かながわビジネスオーディション2023」における…
  2. 横浜市では市内での創業の裾野拡大を図るため、創業する方に対して創業時に必要となる経費の一部を助成い…
  3. 株式会社アイ・エス・オーでは、横浜市の「特定創業支援等事業」に認定されている「起業実現ゼミ24」を…
ページ上部へ戻る