カテゴリー:事業計画書の作り方

  • [022]聞き手が前のめりになるビジネスプランの差別性

    前のめりになるビジネスプランに必要な要素として、「差別性」があります。言うまでもなく、「他の企業や他のサービスとは何がどう違うのか」ということです。以下の3つが、よく経営者が口にする「前のめりにはならない」差別性の例で…
  • [021]ビジネスプランで重要なのは、「ダイナミック+リアル感」

    「こんなことをしようと思うんです!」いいですね。楽しいことを考えている人の目はキラキラしています。しかし、具体的な話になるにつれて多くの人は歯切れが悪くなり、目の力が弱くなります。いくら事業内容が面白くても、具体論が伝…
  • [020]人を巻き込む「前のめりビジネスプラン」の作り方

    「ビジネスプラン」というと堅苦しく聞こえてしまいますが、実はそれほど難しいものではありません。「○○のビジネスをしよう!」「××を△△に売りたいなあ」これは立派なビジネスプランの一部です。ビジネスをしようとする場合、ほ…
  • [007]ビジネスを成功に導く「ターゲットー課題ー解決策」の作り方

    事業計画書のわかりやすい構成は「ターゲット→課題→解決策→実行方法→収益計画」ですが、その中でも「ターゲット」「課題」「解決策」をまとめることが非常に重要なステップとなります。 ターゲット ~ 「誰に売るのかの細…

新着情報

  1. 横浜市では市内での創業の裾野拡大を図るため、創業する方に対して創業時に必要となる経費の一部を助成い…
  2. 株式会社アイ・エス・オーでは、横浜市の「特定創業支援等事業」に認定されている「起業実現ゼミ24」を…
ページ上部へ戻る